名刺を作りたいがどこで名刺印刷すればいいのかわからない方へ

どんな人でも、仕事上名刺が全くいらないということはまずないでしょう。販売業の人でも相手から名刺を渡されるのであれば、自分の名刺をお返しするのが礼儀であり、マナーです。しかしながら、そのようなビジネス名刺ですが、名刺印刷はどこで印刷すればよいのでしょうか。方法は大きく分けて二つあります。一つは自分で印刷をする方法と、印刷業者に依頼する方法です。費用はどちらを選んでも大きく変わりませんが、費やす労力に差があります。自分で作るには時間や手間がかかりますが、印刷業者に依頼すれば、多くの枚数を短時間で準備することができます。あまり多くの枚数を必要とせず、十枚くらいあればいいという人は自分で名刺を作った方がかえって少ない労力と時間とお金で済みますが、一般的な会社員のサラリーマンであれば百枚くらいの名刺印刷を業者に頼んだほうが良いでしょう。

自分で名刺印刷をする場合の注意点

少ない枚数の名刺が必要な場合には、業者ではなく自分で作る人も中にはいます。その場合には、専用のパソコンソフトを使うことで作成することができます。住所録ソフトに付帯していることが多く、自分の連絡先も自動的にイメージに取り込まれており、自分の思い通りのデザインを作ることができます。ソフトの中にもある程度のテンプレートが収録されており、その中から選ぶことができます。相手の印象にはっきりと残すために、良いデザインで名刺を作成したいものです。しかしながら、自分で名刺を作成する場合の注意点は、細かなデザインが難しく、手の込んだものは作成に時間がかかってしまい、不向きです。印刷業者であれば、思い通りの名刺を完全な形で印刷してくれますが、細かなロゴやマークを入れて印刷するのは難しいでしょう。

印刷業者で名刺印刷を行う場合の注意点

ビジネスでしっかりと名刺を使っていく場合には、業者に頼んだほうが間違えはありません。細かなところまで自分のデザイン通りに印刷してくれますので、費用対効果で考えると業者に依頼したほうが楽な場合もあります。ではどこで印刷をすればよいのでしょうか。良い印刷会社の選び方は、会社の規模やデザインの良し悪しです。往々にしてインターネットで検索して、そのまま印刷を申し込む流れになりますので、インターネットのデザインや、名刺印刷の説明を読んで、自分の良い業者を選ぶとよいでしょう。中には送ったデザインでの印刷が難しいといわれる業者もあるかもしれませんので、発注する際には気を付けましょう。さらに、自分の場所から遠い業者に頼んでしまうと、手元に届くまでにある程度の時間がかかってしまいますので、できるだけ近い場所にある業者に依頼しましょう。