人とは違った名刺印刷をしたいのなら

現在は、デザインに関わりのあるどのような紙媒体の分野にも、様々な個性が満ち溢れています。情報化が進行する一方のこの時代において卓越した個性を発揮するということは、大変難しい課題になりつつあると言えるでしょう。しかし、どんなにそれが難しいことだとしても、実際に自分が名刺印刷を利用するとなれば、やはり人とは違った個性的なものを作りたいと思うのが人情です。専門業者もまた、お客様の個性実現のために様々な商品を開発し、ニーズを満たすサービスの提供を模索し始めました。ここでは、個性を演出するために必須とも言える名刺印刷のポイントを説明していきましょう。漠然とイメージするのではなく、具体的なポイントを知ることで、きっと自分が表現したい個性の方向性が見つかるはずです。

まずはハード面、素材選びで差をつける

人とは違った名刺印刷を目指す場合、端的にわかりやすいのは使用素材というハード面で個性を発揮することです。近頃は専門の印刷業者でも様々な印刷媒体やインク、特殊印刷が選べるようになってきました。和紙やラメ入りなどの特殊紙は当たり前、中には木材やプラスチック、スケルトン素材の紙、金属のプレートなどが選べる印刷会社もあります。特殊なライトに反応するインクや、好きな香りをしみ込ませた用紙など、その種類は実に多岐にわたり、インクと台紙の組み合わせを考えるだけでも、ほぼ無限の個性が演出可能と言えるでしょう。業者の多くは紙見本や印刷見本を用意しています。興味のある素材は一度取り寄せてみて、質感や印刷したときのインクの乗り具合を確認し、名刺印刷に臨むと良いでしょうね。

ソフト面、デザインで名刺に差をつける

名刺印刷の素材が決まったあとは、その素材の良さを引き出すデザインでさらなる個性を演出していきましょう。例えばひとつのお店の中で、複数のスタッフが同じ名刺印刷業者を利用する場合などは、誰かが使用した素材を見てちょっとした流行が生まれ、みんなが同じ素材を持ちたがるというのはよくある話です。例え自分が始めたことでも、みんなが同じ素材を選ぶようになっては、それはもう個性的な名刺とは言えません。どうしてもその素材が気に入っている場合は、やはりデザインで差をつけるより他ありませんよね。多少の型破りが許されるような職種の場合は、カラーやインクの組み合わせで差をつけるだけではなく、例えば名刺を自由な形にカットしたり、紙に箔押しなどの特殊な加工を施したりすることで、再び個性を取り戻すことも可能です。アイディアひとつで誰も見たことのない唯一無二の個性を作り出すことは不可能ではありません。時にはプロのデザイナーに依頼するなどして、その洗練されたデザイン技術を学んでみるのも有効な手段と言えそうですね。