名刺印刷にはどれくらいの費用が掛かるのか

名刺印刷は、企業や官公庁の近隣には必ずと言ってよいほど業者が存在します。そのため、業者間での競争がある程度は発生するものであり、相場がほとんど固定化しています。また、勤務先のロゴなどのデザインにも対応が出来る場合がほとんどであり、もし対応をしてない場合であってもロゴ入りの白紙を持参すれば、しっかりと対応をしてもらえるものです。こうした名刺印刷にかかる依頼料は、枚数にもよりますが数千円程度で請け負ってもらえる場合がほとんどです。営業職などで名刺を大量に用意しなければならない場合であっても、一回注文をしたことがある場合には、そのデータを基にして対応をしてもらえます。すなわち、印刷料だけがかかるわけで、それ以上についても枚数次第で費用が変わってきます。

外注した方が圧倒的にコストも安く楽に出来ます

一昔前までは自分で自ら印刷をするケースも多くありました。ところが、自分で印刷をする場合のランニングコストが思った以上にかかるという問題があり、外注して名刺を調達する方が、時間的にもコスト的にもお得であることが分かっています。したがって、名刺印刷では外注により対応をするケースがほとんどです。また、名刺印刷を引き受ける業者では、一定期間はデータを残してもらえます。そのため、名刺が無くなってしまった場合でも再度の印刷を発注しやすいメリットはあります。ロゴなどもそのままという場合がほとんどですので、再注文も楽です。コストを考える場合には、同じ業者に依頼をした方が多少は値引きしてもらえるケースもありますが、このあたりの対応と事情は業者ごとで異なります。

注文時に枚数及び出来上がりの状態の指定を行う

注文時に出来上がりの状態の確認を行えるケースが大半です。あるいは注文時に希望する完成予想図を見せて、その通りにやってほしいと注文をすれば、通常は的確に対応をしてもらえるものです。そのため、名刺印刷の注文を行う側である程度の予想をしておくことで、注文時の業者との折衝、交渉が上手くいきます。このとき、出来上がり予想図以外にも注文枚数の指定も行います。必要な金額についてもその場で伝えてもらえるのが常です。名刺印刷の完成までは数日かかる場合があり、すぐに出来ない場合には取りに来てもらうか、あるいは業者が持参してくれる場合もありますので、その時々で業者と話しをすれば問題はありません。なお、名刺印刷の完成ものと引き替えに、注文時の依頼料を支払うようになります。