名刺印刷はこのようにして行われる

ビジネスにおいて名刺はなくてはならないものです。どのような業種であっても、かならず名刺は必要になります。新入社員であれば必ず準備しなければなりませんし、何かの役職に就いたり、肩書が変わった場合にも名刺の変更が必要になります。名刺印刷は最近では自分でも印刷して準備する人もいますが、名刺交換が頻繁に必要な人の場合は、印刷業者に依頼して名刺印刷をするほうが、作業効率が良くなります。頻繁に名刺が必要ない人の場合であれば、自分で少ない枚数を印刷して持ち歩くことがあると思いますが、頻繁に名刺交換を行う人の場合であれば、数十枚を持っておくべきです。では印刷業者はどのようにして印刷を行っているのでしょうか。印刷業者に印刷を依頼する場合にはどのようにしたらよいのでしょうか。

名刺印刷の受注から印刷までの流れ

名刺が必要な場合に印刷業者に印刷を依頼することになります。印刷業者の場合はほとんど百枚からの受付となり、単価もそこまで高くありません。頻繁に名刺交換が必要な人の場合であれば、名刺が百枚あったとしても、決して多すぎることはないでしょう。名刺印刷の依頼はインターネットから申し込むことができます。その際に、名刺のイメージのデータを送る必要があります。パソコンのペイントでイメージを作成しても良いでしょうし、フォトショップなどの別のパソコンソフトで名刺のイメージを作成しても良いです。作成したイメージはメールに添付して業者に送っても良いですし、コンパクトディスクに保存したものを郵送しても大丈夫です。自分に都合の良い方で構いませんが、急ぐ場合にはメールで送った方が早く対応してもらえます。

印刷業者の印刷までの流れを解説

印刷業者がイメージを受け取ると、印刷直前のイメージを確認します。一般的にイメージを受け取ると、印刷会社のイラストレーターさんが印刷会社のパソコンで、お客さんから依頼されたイメージを作成します。その内容が間違いないかどうかを確認する作業をお客さんと行います。それで間違いがなければ印刷工程に流れます。印刷は大きなプリンターで行います。一般的にはオンデマンド印刷と呼ばれ、印刷方法は家庭用プリンターと同じで、用紙に必要なインクを吹き付けて印刷を行います。きれいに印刷するために専用の用紙に、各色の吹き付け工程を行います。インクは色の三原色ごとに工程が分かれており、黄色、赤。青。黒の工程を経て印刷が完了します。一枚の紙に大量に印刷をして、最終的に裁断が行われて完成します。